青いバラ通販価格

青いバラの販売価格の相場

青いバラの価格相場は1本約700円800円

色合いが薄く、あまり青とは呼べないようなものであればもう少し安いものもありますが、誰が見ても青いバラだというものであれば、やはり1本あたり800円の価格を見込んでおく必要があります。

 

昨年話題になったサントリーの青いバラ『アプローズ』もバイオテクノロジーによって生まれたブルーローズということで大変話題にはなりましたが、お客様によっては

 

「青というよりは紫なんじゃない?」

 

という印象をもたれる方も多く、またこのアプローズは1本あたり2300円とも2500円ともいわれているために、基本的には"様子見"状態の方が多いようです(それでも売り切れ続出で今は入手不可能です)。

本当に青いバラの生花を望むなら

色あいが鮮明な青のバラで、なおかつプリザーブドフラワーではなく生花を望まれるのであれば、今は白いバラの茎から青い色素を吸いこませてつくる青いバラがおすすめです。

 

この手法は非常にポピュラーな手法ではありますが、さりとて、鮮明な青を出すのは至難の業だと言われており、普通、青いバラの生花として売られているのは薄い青、日本風にいえば水色に近いものだったりもします。

 

これでもOKということになれば、1本あたり500円弱くらいの価格で購入も可能なようですが、しっかりとした青ということになると、そもそも流通量がかなり少ないために数が限られ、価格も若干高めになるというのが現状です。

鮮明な青いバラの通販ならバラ市場がおすすめ

そこでおすすめなのがバラ市場というバラ専門のネットショップです。

 

バラ市場にはたくさんのバラが通信販売で販売されていますが、ここで買える青いバラは本当に鮮明な青をしています。

 

特殊な技術を使い、決して他のバラ農家ではマネのできない青いバラを"花の本場"であるオランダから輸入しています。

 

購入した誰もが息をのむという、鮮明な青薔薇を一度はチェックされることをおすすめします。

 

 

 

 

 

>>青いバラで有名なバラ市場のホームページはこちら